ありそうで無い白髪を治す薬が無い理由を説明しています。

白髪を治す薬について

ありそうで無い白髪を治す薬が無い理由を説明しています。

白髪を治す薬が無い理由ですが、白髪治療に対する仮説は立てられるものの、臨床実験がなかなか難しいからです。髪の毛は七年くらいで生え変わります。
10万本生えている髪の毛の中から、一本だけをずっと研究するのは困難だということです。しかし黒い髪の毛が白髪になってしまうメカニズムはすでに解明されています。

髪の毛を黒くするためのメラノサイトがうまく働かない、力が弱まっているために、メラニン色素が作られなくなると髪の毛は白くなってしまいます。
メラノサイトが働かなくなってしまう理由として考えられるのは、髪の毛の老化、血液の循環量の減少、栄養不足などの様々な原因が複合してかかわってきています。

しかし今後は何十年後になるのか何年後になるのかわかりませんが、白髪を治す薬が開発されないとも限りません。
髪の毛が白くなってしまうメカニズムがわかっていることから、動物実験などを繰り返していつの日か特効薬が開発される可能性はあります。
それまではなるべく白髪を増やさない生活、努力をしていくことをおすすめします。

白髪を治す薬について

生活面では十分な良質な睡眠をとって栄養バランスよく食事をすること、規則正しい生活を心がけること、ストレスを過度に受けない、ストレスをためないことなどが非常に重要になってきます。
発生させにくくする食べ物としてとくにおすすめなのが、海藻類や豆類になります。髪の毛に色をつけるにはメラニン色素が必要になります。

メラニン色素を作り出すのはメラノサイトという細胞なのですが、このメラノサイトを活性化させることが髪の毛を黒くすることにつながるのです。
海藻類はメラノサイトを活性化させるはたらきをもっています。豆類は髪の毛に色をつけるメラニン色素の原料となる食べ物です。

豆類にはチロシンというメラニン色素の原料となる栄養素が含まれています。
豆類の中でもとくに黒豆は、髪の毛を黒くするだけではなく、血液をさらさらにしたり、大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、女性ホルモンのバランスを保つにも非常によい食べ物になります。毎日摂取するように心がけましょう。

海苔、ひじき、黒ゴマなど複数の食材を毎日の食事の中に取り入れていくことが重要です。また飲酒の習慣や喫煙の習慣も増やしてしまう悪い習慣になるので気をつけましょう。
スカルプケアシャンプーを使用して頭皮マッサージをすることも有効です。余裕あればスカルプケアエッセンスやサプリメントなども利用しましょう。