どうして白髪になる?食生活やストレスが関係している?

白髪になる原因は身近に潜んでいる?

どうして白髪になる?食生活やストレスが関係している?

ストレスや食生活で白髪になるかは、イエスだと言えます。人間は心に重荷を抱えることで、肉体的にも緊張をする状態にシフトチェンジします。緊張をしている時には人間体内では、血液の血管もともに収縮をすることになります。
体内への血液の流れは悪くなりますので、血液が頭皮にまで行き渡りにくくなります。

食事は髪の毛にも大きい影響力があるため、偏りの多い食事、ドカ食いのような過食は正す必要があります。髪の毛を黒くするための栄養が足りなくなれば、メラニンの黒を作ることはできなくなります。
メラノサイトを活性化させるのは、天然の栄養であるカルシウムが必要です。カルシウムというと日本では、牛のミルクを思い浮かべますが、もはや牛乳には信頼はありません。

日本では学校給食にも、強制的に牛乳を支給するようにシステム化されましたが、じつは牛乳は絶対に学校給食に出さないといけないという、国を挙げての法律はありません。
乳製品業界やアメリカなどの戦略によって、本当は日本人の体には合わない牛乳を、子供時代から強制的に飲まされてきたのが、今を生きる日本人です。

白髪になる原因は身近に潜んでいる?

牛乳を飲むべきではないのは、日本人の町内には向いていないためです。腸内の環境を乱れさせるのは、日本人にとっては乳製品が大きな割合を占めています。
牛乳は骨をつくるどころか、骨を溶かすことになるため、飲み続ければ骨はもろくなり、同じくカルシウムを必要として成立をする、自分の口の中の歯も溶かすことになります。

牛乳は百害あって一利なし、飲むべきではないものです。日本のスーパーではたくさんのヨーグルトが販売されていて、健康に良いイメージをメーカーは与えています。
ヨーグルトも乳製品、日本人の体に合うはずがなく、ヨーグルトと牛乳を食べ続けている人には、良い腸内環境の人は皆無です。
日本人は長くメディアの、商品販売促進だけの嘘の情報を鵜呑みにしてきたため、安い商品を買って未来の健康を失ってきたわけです。

黒い髪の毛のためのカルシウムには、ひじきなどの海藻類を食べることです。海藻類は食物繊維も豊富、腸内を自然に掃除するので、便通は良くなって腸内は綺麗になります。
亜鉛の栄養も髪の毛の黒のためには良いもの、牡蠣やシジミなどにも多いですし、日本人の好きな納豆にも多く含まれます。
抗酸化作用を盛る栄養も黒髪には必要、緑黄色野菜は最高の食材、その時期に旬を迎える野菜を毎食でも食べることです。